タイヤ交換|持ち込みOKのタイヤ交換なら石川県金沢市の「ホイールカスタムファクトリーKz」へ!

タイヤ交換Tire change

  1. トップに戻る
  2. タイヤ交換

タイヤ交換のことならなんでもお任せください

消耗したタイヤを交換したいとき、スタッドレスタイヤへの交換やノーマルタイヤへの交換もお気軽にお任せください。
冬用タイヤへの交換が初めてで不安な初心者ドライバーの方も、とても自分では無理という女性の方も安心してご依頼いただけます。
作業が体力的に辛くなってきたシニアドライバー様も、お気軽にお立ち寄りください。
プロにお任せいただくことで、スピーディーで安全に走行できる状態に仕上がります。
ホイールをそのまま使ってタイヤのゴム部分だけ組み替えたいときやタイヤのローテーション、タイヤのバランス調整など、ニーズや状態に合わせて対応いたします。
交換時期か分からずお困りの方も、分かりやすくご案内できますので、お気軽にご来店ください。

タイヤの状態によっては
様々なトラブルの危険があります

スリップサインが現れ始めたときや偏摩耗や異常摩耗が激しいときには、スリップしやすくなるリスクをはじめ、濡れた路面でハンドルやブレーキがコントロールできなくなる「ハイドロプレーニング」が起こるリスクを高めるのでとても危険です。
スリップサインが出たら早めの交換が必要です。
サイドウォールの一部が膨らんでいる場合やタイヤ内部のコードまで深いダメージが起きている場合、タイヤの部材が破断することや走行中に突然の破裂が起こるリスクがあります。
スチールベルトの一部が露出した場合やクラックのゴムが劣化していると、タイヤ部材の腐食や強度の低下をはじめ、露出部分やひび割れ部分からの破裂が起こるリスクを高めます。
引きずり走行をした場合には、タイヤ内部のクラックの消耗でコードの疲労による破裂を起こすケースも少なくありません。

タイヤの交換時期について

タイヤには消耗の度合いをドライバー自身で確かめることができるよう、スリップサインという目印が用意されています。
走行距離が長くなったり、でこぼこ道などの悪路を頻繁に走行したり、気温変化などが激しい環境に置かれているとタイヤの摩耗が進み、タイヤの溝の奥にあったスリップサインが表面に出てきます。
スリップサインが表れた場合、スリップやハイドロプレーニングのリスクが高まり、事故を起こす危険性があるので注意が必要です。
法令上も整備不良車扱いとなるので、早めの交換が必要です。

お得にタイヤを交換するコツ

当店では基本的にタイヤ交換の際はお持ち込みをお願いしております。
そのため、タイヤの価格を気にする必要がなく、ご自身の方法次第でお安く手に入れたタイヤをお持ち込みいただけるのがメリットです。
金沢近郊にあるカー用品店やディスカウントショップでお得にまとめ買いをすることや、ネットオークションやネットショップで格安で手に入れてのお持ち込みが可能です。
お気に入りのタイヤなどご希望に合うタイヤをプロが交換いたしますので、安心してお車に乗れるようになります。

タイヤチェンジャーやバランサーなどの
工具レンタルについて

当店では、セルフサービスでタイヤ組み替えやバランス取りができるよう、工具のレンタルを行っています。
ご自身でタイヤ交換を行っていただきますので、ご依頼いただくよりも工賃が安く済みます。
プロに依頼するのではなくご自身で行っていただくので安全面が不安に感じるかもしれませんが、作業後にはしっかりとチェックいたしますので、安全面はご安心ください。
工具の使用は簡単で、何より工賃が安く済みますので車好きの方、触ってみたいと思っている方におすすめです。
ご不明点等ございましたら詳しくご説明いたしますので、気になる方はぜひご相談ください。

タイヤ交換の流れ

STEP.01)タイヤの空気を抜きます
まず、タイヤのムシを外して空気を抜きます。自転車についているような物なので、比較的扱いやすいと思います。

STEP.02)ビードを落とします
ビードを落としてタイヤを外します。ビードとはホイールと結合する部分で、タイヤをリムに固定させる役割があります。

STEP.03)タイヤを組み替えます
タイヤを組み付けやすくするためにビード部分にワックスを塗り、タイヤを組み付けます。

STEP.04)空気を入れます
空気を入れて、ビードをリムに固定できたら交換完了です。

ページの先頭へ

CONTACTTel.076-299-5039